誠恵高校の今を伝えるメディア。志望大学の合格をめざし、奮闘するメンバーの姿をありのままお届けします。

head_slash.png
26

2019

May

SideSide

「もう1年生の2学期になっちゃった!」 先輩たちの本気、校内に拡散中

2018.09.12

志望校選びに悩んだり、現役東大生コーチから激しすぎる叱咤激励を受けたり。「スタディサプリ合格特訓コース」に参加する3年生の8人は、なんだかんだと熱い日々を過ごしています。

その姿を見守っているのは、先生やコーチだけではありません。必死に頑張る3年生の背中を見て、下級生たちにも小さくない変化が起き始めているようです。受験の時期を迎えるのは1年後、あるいは2年後。「まだ先だな」と感じるのが普通かも。でも、変わるタイミングは人それぞれで、そこに早い遅いは関係ありません。

今回は2人の下級生に話を聞かせてもらいました。先輩たちを見て、どんな刺激を受けていますか?

早めに動き始めないとまずいような気がします

<芸術コース1年生/Hさん>

――はじめに、誠恵高校を選んだ理由を教えてもらえますか?
「物心ついた頃から絵を描くのが好きでした。誠恵高校に行きたいと思ったのは、中3のときに行った『東部展』(静岡県高等学校文化連盟が主催する展覧会)がきっかけ。誠恵芸術コースの先輩の絵が表現力豊かで、圧倒されたんです」

――そうだったんですね。実際に入ってみてどうですか?
「入学してみると、想像以上に絵のレベルが高い人ばかりで驚きました。ちなみに私の姉は誠恵高校3年生で、同じ芸術コースで陶芸を学んでいるんですが、ときどき超レベルの高い作品を完成させています。だから正直、『他の人と比べて自分はできないことが多いなぁ』とか、『思い描いているデッサンのイメージをなかなか形にできないなぁ』と悩むこともあります。でも、たくさんの刺激を受けているのは間違いないですね」

――いま3年生が必死に勉強していますが、その姿を見てどう思いますか?
「そうですね。最近は『絵の勉強と他の科目の勉強、どちらを優先すればいいのかな?』という悩みも出てきたんです。3年生の先輩を見ていて、その両立が大変そうだなと。放課後に夜遅くまでデッサンの練習をして、家に帰ってからはずっと勉強していると聞きました……すごいですよね」

「そう。だから私は、『まだ1年生』と思うのをやめたんです。いまは『もう1年生の2学期になっちゃった!』という危機感のほうが強いです。自分で問題集を買って勉強したり、スタディサプリを使い始めてみたり、いまからできることを必死でやろうと思って」

――まだ1年生ですよね?その危機感はどこから来るのでしょうか?
「うーん。私たちの世代は中学の頃から『みんなの代からセンター試験が変わるんだよ』と言われてきたんです。2020年からいろいろなことが大きく変わると。まだどんな対策をすればいいのかは分からないけど、とにかく早めに動き始めないとまずいような気がします。だから必死に頑張っている先輩たちの姿はありがたいというか。まわりの子たちも勉強し始めたりして、学校中に先輩たちの熱量が拡散しているのかも(笑)」

――なるほど(笑)。これからやってみたいこととかはありますか?
「はい。この夏から、美大を中心にオープンキャンパスにもたくさん参加したいと思って動いています。ある先生に『1年生からオープンキャンパスへ行く人は志望校の合格率が高い』と言われたので、真に受けています(笑)」

ハードな毎日だけど、先輩から刺激を受けてやる気が出ました

<2年生・サッカー部所属/Mさん>

――いつからサッカーをやっているんですか?
「小学校1年生のときに始めて、中2で地元のサッカークラブへ入りました。ポジションはセンターバック。身長170cm近い選手も多い中で、157cmと小柄な私ですが、『絶対にゴールは割らせない!』という気持ちで頑張っています。サッカーをしているときがいちばん楽しいですね。クラブチームは高校を卒業しても在籍できるので、できればずっと続けたいです」

――クラブチームと高校のサッカー部の両方に所属?
「はい。クラブチームのこともあったので、誠恵高校へ入学してからは部活をどうするかすごく悩んだんです。そうしたら顧問の先生が誘ってくれて。今は部活に参加してボールを蹴り、その後はクラブで21時まで練習するという日々です。かなりハードです(笑)」

――すごいですね。正直、勉強する時間ってあります?
「たしかに練習がハードなので、普段はあまり取れていないかも……。でもテスト前に集中して勉強しているので、一応成績はまずまず、だと思います! ストイックに努力するのは嫌いじゃないんです」

――いま、3年生もストイックに勉強していますが、何か思うことはありますか?
「3年生の姿を見ていると、とっても刺激になります。サッカー部や陸上部の先輩は部活が忙しいにもかかわらず、勉強も頑張って両立させています。最近はスタディサプリを使うようになって、自分もさらにやる気が出てきました。来年はもう3年生だから、まずは自分が何をしたいのかはっきりさせて、その上で志望校を決めたいと思っています」

――何となくいいなと思う職業とかはありますか?
「先生たちが、いろいろな職業の話をしてくれて。いろいろと話しをしていくうちに、最近は『子どもと関わる仕事がしたいなぁ』と考えるようになりました。特に興味があるのは保育士。サッカーで後輩の面倒を見る機会が多かったからか、小さい子に好かれるんですよね(笑)。保育園や幼稚園の園庭で子どもたちと一緒にボールを蹴るのも楽しいかな……と最近は思い始めています」

===============

志望校を考えることは、自分の夢を本気で考えることにつながる。先輩たちもそうでした。3年生自身、まだまだ悩みや課題の多い日々が続いていますが、必死に頑張る姿は後輩たちにも確実に、勇気と刺激を与えているようです。

頑張れ、先輩たち!

最新記事