誠恵高校の今を伝えるメディア。志望大学の合格をめざし、奮闘するメンバーの姿をありのままお届けします。

head_slash.png
17

2019

January

ColumnColumn

“好き”に本気で取り組んだらこうなった 芸術コースから生まれた名作たち

2018.08.02

絵やイラストを描くのが好き。美術の授業が毎回楽しみで仕方ない。モノづくりに夢中になってしまう。アートやデザインの世界でプロを目指したい。

そんなエイティブ気質な子たちが集う、誠恵高等学校の芸術コース。一人ひとりが「好き」なことや「得意」なことと真剣に向き合い、仲間と切磋琢磨できる環境の中で、続々と才能を開花させています。

そのクオリティーの高さは県内でも折り紙つき。毎年、数多くの作品が静岡県の芸術・工芸展を受賞し、全国大会に出展する作品も生まれています。そして、“芸術漬け”の3年間を過ごした生徒たちは、武蔵野美術大学や多摩美術大学、東京造形大学をはじめとする様々な大学・専門学校へ進学し、今も夢に向かって突き進んでいます。

全員が中学生の頃からその実力を備えていたのかというと、決してそうではありません。高校で初めて作品として絵を描く生徒、初めて陶芸に触れる生徒も、在学中にどんどん上達していき、県の展示会で入賞する人も。“好き”をカタチにしていく場所、それが誠恵高校の芸術コースです。

このコラムでは数回にわたって、芸術コースの魅力、生徒が自らの才能を開花できる理由を、解き明かしていきたいと思います。百聞は一見にしかず。第一回目は、生徒たちが一生懸命つくった作品の一部を、生徒のコメントとともに紹介します。

誠恵アートギャラリー2018

■『やんごとなき』 2年 Y.H.さん

平成29年度静岡県高等学校美術・工芸教育研究会 会長賞
平成30年度 全国高等学校総合文化祭(信州総文祭) 出展予定

「私の祖父を描いた作品。カメラを向けると何も言わず自然とおちゃらけたポーズをとってくれる祖父。そんな祖父が大好きで描きました。大きなモチーフで大半が肌の色で占められている中で、場所によって色みを変化させて単調にさせていない所がポイントです」

■『土の環』 2年 H.Y.さん

平成29年度静岡県高等学校文化連盟 優秀賞
平成30年度 全国高等学校総合文化祭(信州総文祭) 出展予定

「土から生まれ、土へと還っていく、そんな植物(生命)のサイクルを表現した作品。次世代への命をつなげる”環”を”実”というモチーフを用いて表現した作品。実際に野菜を観察しどのようにすれば本物に近づけられるのか探求することに楽しさを感じました」

■『Super Virtual Reality』 2年 O.Y.さん

平成29年度静岡県高等学校美術・工芸教育研究会 優良賞

「バーチャル・リアリティを単に表現するのではなくそれを超越した少し未来の世界を立体(現実)を用いて表現(仮想)しました。ドラコというキャラクターがスマホから現実世界に召喚されるゲームです。携帯に手を添えることであたかも自分が主人公になったような写真が撮れます」

■『my word』 2年 K.M.さん

平成29年度静岡県高等学校美術・工芸教育研究会 優良賞

「絵を描いている自分自身を描いた作品。絵画・油絵の表現の幅広さを海の無限大の広がりを用いて描いた。F30号は他作品と比べ小さいサイズだが、遠近法を用い奥行きを表現することで大きくみせた」

■『同族』 2年 K.Y.さん

平成29年度静岡県高等学校美術・工芸教育研究会 優良賞

「モデリングペーストという盛り上げ剤を用いて、絵に独特なマチエールをつけて表現した作品。盛り上げ剤の表現が単調にならないように、背景は幾何学模様(三角形)と盛り上げ剤での点描で描き、キリン・シマウマは盛り上げ剤を編むように線で表現し奥行きを表現した」

■『旅の1コマ』 2年 T.A.さん

平成29年度静岡県高等学校美術・工芸展 特選

「自転車で世界一周した叔父の旅の一コマを切り取り描いた作品。大きく描かれたモチーフを活かすためにものの質感の描き分けや、絵の具の盛り方を細部までこだわり表現しました」

■『めぐりめぐる童話カレンダー』 2年 K.T.さん

平成29年度静岡県高等学校美術・工芸展 特選

「童話をモチーフにしてデザインした繰り返し使える万年カレンダー作品。小さな磁石がついていて日付を動かすことができ、専用のデザインされたマグネットを用いてメモ帳など予定をはさむ機能も付けるなど実用面に力を入れた1点ものハンドメイドカレンダー」

■『創造』 1年 O.M.さん

平成29年度静岡県高等学校美術・工芸展 特選

「無口な自分の内に秘めた美術への情熱を表現した作品。派手でいて統一感があり神々しい曼荼羅を背景のモチーフにし、それでいで曼荼羅とは違う白黒で点描を用いて写実的に表現した自画像のコントラストが無口でいながら情熱を秘めた自分を表現する際に工夫したポイントです」

■『証』 3年 S.S.さん

平成29年度静岡県高等学校文化連盟 会長賞

■『ソレイユ』 3年 S.M.さん

平成29年度静岡県高等学校美術・工芸教育研究会 優良賞

■『M’s marura’s foot』 3年 O.H.さん

平成29年度静岡県高等学校美術・工芸教育研究会 優良賞

■『香』 3年 M.M.さん

平成29年度静岡県高等学校美術・工芸展 特選

誠恵アートギャラリー、お楽しみいただけたでしょうか?
説明するまでもなく、完成度の高さ、作品としての美しさを実感できたと思います。こうした作品がどのように生み出されているのか、皆さんはどうやって力を伸ばしているのか。次回以降、その秘密に迫ります。乞うご期待!

※記載している学年は受賞当時
※当時3年生は既卒者のためコメントなし

最新記事